火星

Sponsord Link


火星・赤い星

火星,赤い星,惑星,地球,大きさ,乾燥,鉄,テラフォーミング,惑星地球化計画,温暖化現象

太陽から4番目に離れている惑星の「火星」です。
太陽からの距離は、約227940000Kmです。

 

この火星と地球は、とてもよく似ている所があります。
火星には大気や雲があり、季節の変化もあるそうです。

 

しかし、火星は地球のように青く輝く星にはなれませんでした。
この火星と地球の明暗を分けた理由は、星の大きさでした。
地球に対して火星の直径は、約半分で重力は三分の一しかありませんでした。

 

大昔、火星も地球のような大気の層があったと考えられています。
しかし、重力が地球より少ない為にたくさんあったはずの大気は少しづつ宇宙空間に逃げて行ったそうです。
現在の火星の大気は非常に希薄で、50pa(パスカル)地球の約0.75%しかありません。

 

このあまりに低い気圧のために、水はすぐに蒸発してしまいます。
そして地面もすぐに乾燥してしまい、岩だらけの地表をさらす事になるのです。
水は、水蒸気か氷として存在するだけです。

 

火星の土壌は、鉄を多く含んでいます。
鉄は酸化(錆びる)すると赤くなりますが、火星が赤く見えるのはこのためだそうです。


テラフォーミング

火星,赤い星,惑星,地球,大きさ,乾燥,鉄,テラフォーミング,惑星地球化計画,温暖化現象

テラフォーミングとは、人の住めない惑星を改造して、私たちの地球に似た環境に作り変える「惑星地球化計画」です。
その第一候補として挙げられているのが、地球に一番似ている火星だそうです。

 

火星を地球のような惑星に改造するには、まず火星は地球より寒い惑星ですから、温度を上げなければいけません。
そのあたりは私たち人類は、得意分野ですね。 
今、地球で大問題になっている「温暖化現象」をそのまま再現すればよいのですからね。

 

例えば、宇宙空間に大きなミラーを打ち上げて太陽光による温暖化や、火星の南極や北極の氷を溶かし温室効果のある二酸化炭素を発生させたり。
さらに、メタンガスやフロンガスの送り込みなどです。

 

温度が上がれば、大気中に二酸化炭素が増えます。
そこに植物を送り込めば、光合成により酸素を発生させる事が出来ます。
そうすれば火星の空気も十分濃くなって気圧も上がり、水は液体のまま存在出来るようになります。
そして、海が出来れば雲も出来ますし、雨も降ります。

 

火星に人類が住めるようになる可能性は低くありませんが、このような環境を作るのに何年かかるのか?
果たして成功するのか?
現在、研究・検討中だそうです。


Sponsord Link