国際宇宙ステーション

Sponsord Link


国際宇宙ステーション・みんなの希望

国際宇宙ステーション,希望,アメリカ,ロシア,カナダ,地球周回軌道上,モジュール,スペースシャトル,野口聡一宇宙飛行士,ディスカバリー号

2010年の完成を目標に建設している国際宇宙ステーションは、アメリカやロシアをはじめカナダなど世界15カ国が参加し協力しあって、開発を進めている巨大な有人施設です。
日本も、実験棟「きぼう」で参加しています。

 

この国際宇宙ステーションは、約400Km上空の地球周回軌道上に浮かんでおり、およそ90分で地球を一周しています。

 

国際宇宙ステーションの建設は「モジュール」という50個以上の構成パーツを打ち上げて、組み立てて行きます。
完成すると、サッカー場ほどの大きさ(重量約419トン)になり最大6人の滞在が可能となる予定だそうです。

 

1998年11月に最初のモジュールが打ち上げられて、国際宇宙ステーションの建設が始まりました。
この建設には、アメリカのスペースシャトルが必要不可欠でしたが、2003年にスペースシャトル「コロンビア号」が空中分解するといった、たいへん不幸な事故が発生しました。
これにより、その後のスペースシャトルの打ち上げは安全が確保されるまで無期限に停止され、国際宇宙ステーションの組み立て作業は一旦、足止めをする事になりました。

 

2005年7月、事故から2年5ヶ月後に、国際宇宙ステーションの組み立て作業は再開されました。
この時、打ち上げられたスペースシャトル「ディスカバリー号」には、日本の野口聡一宇宙飛行士がクルーとして参加しました。


きぼう

国際宇宙ステーション,希望,アメリカ,ロシア,カナダ,地球周回軌道上,モジュール,スペースシャトル,野口聡一宇宙飛行士,ディスカバリー号

宇宙空間で実験や研究を行い、そして地球や天体の観測を目的としている国際宇宙ステーションに、日本初のモジュール「きぼう」が、2007年からドッキングする予定です。

 

「きぼう」では、私たち人類の将来に文字どうり希望をもたらす実験や研究それに、技術開発などが行われる予定です。
まず、地球のオゾン層の破壊や温暖化現象、砂漠化現象といった深刻な環境問題の解決の糸口を見つけたり、世界最大の高視野X線カメラで銀河系外の調査や通信、エネルギー開発などを行う予定です。


無重力

国際宇宙ステーション,希望,アメリカ,ロシア,カナダ,地球周回軌道上,モジュール,スペースシャトル,野口聡一宇宙飛行士,ディスカバリー号

国際宇宙ステーションは、宇宙船と違って着陸のために必要な設備などはありません。
数ヶ月に渡る軌道上の生活のために設計されています。
そのため、無重力の状態で長時間生活する事になります。
しかし、あまり長い時間無重力の生活を続けると筋肉が衰えたり、骨のカルシウムが溶け出したりと、大変なことになるようです。

 

テレビで無重力の映像を見ていると楽しそうなんですけどね。
一度、体験してみたいですね。
もちろん長時間じゃなく短時間で。


Sponsord Link